カードローンのスムーズな解約の方法


お金が足りなくなりカードローンを利用して融資を受けたけれども、すべて返済し終わった際には、解約したほうがいいのかどうか悩む人は多いものです。解約するかどうかは本人の自由ですが、メリットもデメリットも存在します。それらをよく確認したうえで、解約するのであれば手続きを行わなければなりません。
そもそもカードローンは、借りていたお金をすべて返済したとしても、自動的に解約となるわけではありません。かアドロンは一定期間ごとに自動更新となります。そのため自分から何かしら行動を起こさなければ、契約はずっと更新されます。
カードローンを解約するメリットとしては、追加の融資を受けられなくなるので借金の心配がなくなる、信用情報に履歴が残る、今後何かしらの審査に良い影響があるということが挙げられます。反対にデメリットとしては、もう一度カードローンを利用する際には、もう一回審査を受けなければならない、手続きのための手間がかかる、カードローンによっては再び利用したくても一定期間申し込みができないものもあるなどが挙げられます。
多くのカードローン会社では、解約の際には、電話で問い合わせを行い、必要な書類を請求して、記載のうえ返送する方法がとられています。カードローンの残高が残っている状態では解約することはできません。解約することで信用情報に傷がつくことを心配する人もいますが、むしろ信用情報としては良い評価が与えられます。